アイルランドの町(マンスター地方)

シェアする

スケリッグ・マイケル

アイルランドには大きく分けて4つの地方があり、その中に複数の州があります。

アイルランドの南西に位置するマンスター地方には自然が多くありドライブやサイクリングを楽しむことができます。また、タイタニック号の最後の寄港地であるコーブという港町もあります。

それでは、マンスター地方の町をいくつかご紹介します。

マンスター地方

アイルランドの南西に位置する地方で、アイルランドの中でも一番面積が広いです。世界遺産のスケリッグ・マイケル、サイクリングやドライブなどを楽しめるケリー周遊路、巨人のテーブルがあるバレン高原などが観光の見どころになっています。

コーク

アイルランドで2番目に大きく、南部観光の拠点となる町です。ゴルフ場やホテルがあり国内のアイルランド人も訪れるリゾート地です。

2番目に大きい町ということもあり、ダブリンをライバル視している人も一部いたりします。日本で言う東京と大阪の関係に近い印象です。

例えば、「好きなアイルランドのビールはギネスです」と答えると、ムッとされたりします。なぜなら、コークにはビーミッシュやマーフィーズといった地ビールがあるからです。

お昼はイングリッシュ・マーケット(市場)や聖フィンバー大聖堂などの観光スポットを回って、夜はパブで地ビールを楽しみたいです。

キラーニー

ケリー州にある町でキラーニー国立公園のなかにあります。

町には観光馬車があり、馬車に乗りながらゆっくり公園を回ることができます。また、この町から西のイベリー半島を一周するケリー周遊路が人気の観光ルートで、「貴婦人の眺め」という絶景ポイントがあります。

公園のなかにはアイルランドで一番高い山脈や森、湖が広がっていて大自然を存分に楽しむことができます。

リムリック

アイルランドで3番目に大きい町で、中世の建物が数多く残っています。

アイルランドのなかでも治安がよくない町という話を聞きますが、深夜遅く一人で出歩かない限りは無事だと思います。

町にはジョン王の城、聖メアリーズ大聖堂や条約の石といった観光スポットがあり、アイルランドの歴史を感じることができる町です。

ちなみに、ミュージシャンのエイフェックス・ツインやクランベリーズの出身地でもあります。

ウォーターフォード

アイルランドで5番目に大きい町です。アイルランド最古の建造物と言われるレジナルドの塔やガラス細工で有名なウォーターフォード・クリスタルで知られています。

ウォーターフォード・クリスタルの工場ではクリスタルの製造過程を目の当たりにすることができます。ぜひ見学してみてください!